ホーム > インフォメーション > コンサルティング

コンサルティング

産業廃棄物の収集運搬・分別選別・リサイクル処理・環境コンサルティングまで、フロンティアに安心してお任せください。

下記はお任せ頂くための大事な書類となりますので、ご説明いたします。
尚、ご不明な点がございましたらお問い合わせください!

委託契約書

* 産業廃棄物の収集運搬または処分を委託するにあたり、産業廃棄物の処理フローと許可証の確認をして いただき、【委託契約書】を書面で締結いたします。(委託契約書は運搬業者、処分業者との2者契約が原則 ですがフロンティアは運搬・処分と一貫してお任せいただけるので契約もスムーズです。)

産業廃棄物排出前の必要書類

・産業廃棄物処理フロー
・収集運搬経路図
・フロンティア産業廃棄物収集運搬業許可証
・フロンティア産業廃棄物中間処理業許可証
・最終処分場・中間処理場・リサイクル施設の許可証
・最終処分場・中間処理場・リサイクル施設の写真
・産業廃棄物処理委託契約書(2者契約)

ページの先頭へ

マニフェスト伝票について

*産業廃棄物を収集運搬または処分するには【マニフェスト(産業廃棄物管理票)】を使用します。
マニフェストを使って産業廃棄物の移動を記録することが法律で定められています。
(マニフェストの発行・確認・管理は排出事業者が行います。建設工事の場合、元請事業者がマニフェストの 発行・確認・管理を行います。)
マニフェストがご用意できない場合などありましたら当社ドライバーのほうでご用意することも出来ますので ご遠慮なくご依頼下さい。

マニフェストの流れの解説
1.
排出者は引渡しの際にA票に必要事項を記入して控え、A票を保存し、残りを運搬業者に渡します。
2.
運搬業者は運搬終了後必要事項を記入し、B1票を保存、B2票を排出業者に戻し、残りを中間処理業者に渡します。
3.
運搬終了後、運搬業者から運搬終了を示すB2票が戻ったら、A票と照合します。
4.
中間処理業者は処分終了後必要事項を記入し、C1票を保存、C2票を運搬業者に、D票を排出者に戻します。
5.
処分終了後、中間処理業者から処分終了を示すC2票が運搬業者に戻されます。
6.
処分終了後、中間処理業者から処分終了を示すD表が戻ったらA票と照合します。
7.
処理後の残さ物について中間処理業者がマニフェストを交付します。

8~12は、②~⑥と同様の手順です(照合などは中間処理業者が行います)。

13.
最終処分業者は最終処分終了後、その旨を記入したE票を中間処理業者に戻します。
中間処理業者は最終処分が終了したことを⑦のA票と照合します。
14.
中間処理業者は最終処分が終了した旨を、排出者から交付されたE票に記入し排出者に戻します。

※排出者はA票、B2票、D票、E票を5年間保存します。

産業廃棄物サポート・管理業務

廃棄物排出までの全てをサポートいたします。

廃棄物の排出段取り・数量見積もり・マニュアル作成など。

排出事業場に合わせた分別方法のご提案

リサイクル法に基づいたリサイクルのご提案をいたします。

廃棄物発生抑制・コスト削減方法の企画、ご提案

さまざまな企業の皆様の環境コストを考えます。

廃棄物システム管理業務サービス

請求業務から排出量管理など当社独自の管理システムでサポートいたします。


ページの先頭へ
Copyright© FRONTIER All Rights Reserved.