ホーム > 事業案内 > 廃棄物処理・再生フロー

廃棄物処理・再生フロー

廃プラスチック類
廃プラは廃棄物の中で一番種類の多い品目です。
弊社では、積替保管施設にてさまざまな種類に分別し、品質に適した中間処理を行ない製品化としてのマテリアルリサイクル、熱源としてのサーマルリサイクルをしています。
また、塩ビ管の再製売却や混合廃棄物内に混入した廃プラの徹底分別を行ない埋立処分量の抑制に努めています。
紙くず
紙くずはリサイクルが確立されている品目です。
弊社でも、ダンボールや再製古紙(90%)を、再生事業者に搬入してマテリアルリサイクルをしています。 その他の紙くず(10%)についても熱源としてサーマルリサイクルに努めています。混合廃棄物内に混入した紙くずの徹底分別を行ないマテリアルリサイクル率の向上に努めています。 また、塩ビ管の再製売却や混合廃棄物内に混入した廃プラの徹底分別を行ない埋立処分量の抑制に努めています。
木くず
木くずは建設リサイクル法の特定建設資材廃棄物になっています。
弊社では種類別にすべて分別しリサイクル可能な木くずは再資源化施設に搬入しマテリアルリサイクルします。
製品化に適さない木くずは、チップ化されたのち熱源としてサーマルリサイクルされ、その他の残渣は中間処理場に搬入し縮減します。
繊維くず
畳は解体工事に伴って発生する場合が多数あります。
畳は大手セメント工場に搬入され熱源としてサーマルリサイクルされます。現在の畳には、繊維のみの本畳とプラスチックと繊維で作られた複合畳があります。
前処理の段階の分別・選別により適正処理が行なわれます。その他の繊維くずも中間処理場にて熱源としてサーマルリサイクルされます。
金属くず
金属くずはリサイクル品目です。
不純物を除去すれば再生事業者へ搬入が可能になります。
処理後の鉄くずは、製鉄原料や製品として生まれ変わります。鉄くずの中には、シュレッター処理を加えなければリサイクルできない品質もありますが、弊社では、大手スクラップ加工工場と搬入契約し金属くずの100%リサイクルを現実化しています。
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
ガラ陶くずはそれぞれの物の性質や形状に応じた処理が必要となります。
弊社ではそれぞれに適した保管・分別・選別・中間処理を行ない廃石膏ボード、廃ALCなどは大手メーカ工場と契約し製品化・再資源化としてのマテリアルリサイクルを実現にしています。
また、混合廃棄物内に混入したガラ陶くずの徹底分別を行ない埋立処分量の抑制に努めています。
がれき類
コンクリート塊(ガラ)・アスファルト塊は建設リサイクル法の特定建設資材廃棄物になっています。 弊社では徹底分別し再資源化施設に搬入し建設リサイクル法に適した処理を行なっています。
少量の場合でも袋分別を行ないリサイクルに努めます。
積込みの際、袋ごと積込みさせていただく場合もございます。
混合廃棄物
混合廃棄物の状態から各品目に分別・選別・保管を行ないます。
完全分別を行なう事により弊社中間処理場での処理後廃棄物がリサイクル率の高い廃棄物と変化します。分別の第一段階として現場にて弊社ドライバーが分別積込みを行ないこのような混合状態を極力なくします。
排出事業者様のご協力の元、リサイクル率の向上と埋立処分の抑制に結びつけています。

ページの先頭へ
Copyright© FRONTIER All Rights Reserved.